​1to1スパニッシュブログ

ボクシング最強王者“モンスター”井上尚弥がスペイン紙で特集!

January 3, 2018

 

筆者は大のボクシングファンで、スペインで生活する現在も、特に日本のプロボクサーの近況をチェックしています。今注目のボクサーといえば間違いなく井上尚弥選手でしょう。その強さたるや日本人離れしており、スピード、テクニック、精神力どれをとっても超一流、なんとプロデビュー8戦目で2階級制覇を成し遂げた逸材中の逸材です。もう20年以上ボクシングを見ていますが、ここまで強い日本人ボクサーはいなかったかもしれません。

あだ名はその破壊力から、「怪物(モンスター)」。世界の全階級の王者をランク付けする「Pound for Pound ranking」で堂々の7位に位置するなど、もはや日本の王者にとどまらず世界的に注目を集めています。

https://en.wikipedia.org/wiki/The_Ring_magazine_Pound_for_Pound

 

この井上選手、驚くことにスペインの日刊スポーツ紙「AS」で特集を組まれていました!https://as.com/masdeporte/2017/12/26/polideportivo/1514306124_299731.html

 

記事曰く、井上選手があまりにも強すぎて対戦相手が二の足を踏んでおり、マッチメークに苦労しているとのこと。注目度の高いサッカーならまだしも、日本のボクサーがスペイン紙で特集を組まれることは稀でしょう。ちなみにあだ名のモンスターはそのままスペイン語で「el 'Monstruo'」になっていますね(笑)振り返ると、井上選手は過去南米(メキシコ、アルゼンチン)の強豪を見事なKOで倒してきているので、スペイン語圏でも名が轟いたのかもしれません。ファンとしては嬉しい限りです。

 

年末のスーパーフライ級タイトルマッチでも難なく7度目の防衛を果たし、「物足りない」ということでバンタム級に転向して3階級制覇を目指す意気込みを語りました。スペイン紙が書いた通り、世界ランカーが対戦を避ける程に恐れられているがゆえに、強豪ひしめくバンタム級で更なる高みを目指すのでしょう。個人的には具志堅用高選手のもつ13度の連続防衛記録を塗り替えてほしいと思います。

 

「el 'Monstruo'」がスペインメディアのトップニュースになる日を楽しみに、応援したいと思います!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

1to1スパニッシュのレッスンでできること

July 31, 2017

1/3
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square