​1to1スパニッシュブログ

観光大国 スペインvsニッポン

December 27, 2017

 

日経新聞を何気なく眺めていたところ、「11月の訪日外国人、26.8%増の237万7900人 11月として過去最高」との記事が目に留まりました。人口減と高齢化にさらされる日本において、このインバウンド需要の拡大は経済成長の鍵とも言われており、筆者も今後の動向に注目しています。訪日外国人の増加のニュースはこのような経済への影響の観点からはもちろん、日本への観光熱の高まりは日本人として純粋に嬉しいものです。

 

しかしよくよく考えてみると、筆者が生活するスペイン(バルセロナ)も観光大国でした。スペインの観光業はGDPの12%を担っているようで、まさに観光業が経済を下支えしていると言えると思います。中でもバルセロナは世界でも屈指の観光都市、年間の観光客数は3200万人(バルセロナの人口の20倍)にのぼり、ランブラス通りの通行人の80%は地元住民以外の人との噂もあります。

 

しかし何がスペインを観光大国ならしめているのでしょうね?日本もスペインのような観光大国になれるのでしょうか?なんてことをぼやーと考えながらネットサーフィンをしていたら、とある記事に行き当たりました。曰く、観光地として成り立つためには、以下の三つの要件を取りそろえる必要があるとのこと。

 

①観光できる場所(景勝地、歴史的建造物、美術館など)

②特色のある食べ物

③買い物が出来る場所(高級品ならびに友人に買っていく土産物)

 

確かにスペインは3つとも兼ね備えてる。しかしながら我らがニッポンもこの3つは確実に押さえてますね。うーむ、他に重要そうな要素はあるか?

 

・主要都市間のアクセス?

バルセロナ―マドリッドは電車で3時間半、東京―大阪は2時間ちょっとなので、こちらも問題なし。交通網の充実度であればむしろ日本に軍配があがるかも。

 

・他国へのアクセス?

スペインはEU諸国まで飛行機で2時間~3時間なので、複数国への旅行客にとっては便利ですね。日本もアジア諸国、特に韓国や中国へは数時間なので、ヨーロッパには劣るかもしれませんが比較的条件が良いような気がします。

 

・英語が通じるかどうか?

オリンピックに向けて改善してきているとは言え、残念ながら日本はまだまだですね。しかしスペインも英語はそんなに通じません。なので「住民が英語が(流暢に)話せるかどうか」は観光大国の条件にはならなさそうです。

 

・気候?

1年のうち300日晴れると言われるスペインに軍配が上がるかもしれませんね。一方日本は梅雨のシーズンは残念ですが、四季があり、それぞれの季節で趣が異なるので、また違った楽しみ方ができる強みはありそうです。

 

・通貨?

思いつきですが、これは結構重要なんじゃないかと勝手に思いました。スペインの場合、EU圏内からの旅行客が多いはずで、同一通貨(ユーロ)なので、為替の変動に左右されずに旅行客数が安定するんじゃないか。一方日本の場合は円ですから、為替のトレンドによって旅行客数に影響が出そうな感じがします。

 

・リゾート地の有無?

これも思いつきですが、やはり観光大国たるもの、迫力あるリゾート地の存在は重要な気がします。バルセロナは都会ですが、ご存じの通り目の鼻の先にビーチが点在しており、街としてリゾートを名乗れるレベルだと思います。また「ヨーロッパのハワイ」と呼ばれるマヨルカ島も多くの観光客を(特にヨーロッパから)惹きつけています。

我が日本にも沖縄がありますが、あまり外国人に知名度高くないような?アジアンリゾートの雄であるプーケット、バリ島、セブ島くらいのブランドが出てくれば、大きなアドバンテージになりそうですね。

 

・リラックスした雰囲気?

これも意外に大事な気がしますが、スペイン(バルセロナ)はラテンなノリで肩肘はらずに過ごせるリラックスした街ですので、バカンスには向いているのかもしれません。少し雰囲気の良いレストランでも、夏は短パン、サンダルで入れちゃいますし、時間の流れもゆっくりしています。何回でも訪れたくなってしまうのはこの辺りに理由がある気がします。

日本には「おもてなし」「お客様は神様」を始めとする素晴らしいカスタマーサービス魂がありますが、果たしてこれがどの程度訪日客にウケるのか、興味深いところです。初めて訪問する外国人には感動・衝撃を与えるでしょうが、2回・3回と経験したくなるものなのか?このあたり、日本のサービス業がどのように考えてアプローチしていくのか、非常に興味深いところです。

 

ということで、先入観と思いつきと想像のみでつらつら書いてしまい、しかも結論も何もないのですが、大好きなスペインと日本、今後長く世界中の人を惹きつける観光国であってほしいと願うばかりです。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

1to1スパニッシュのレッスンでできること

July 31, 2017

1/3
Please reload

最新記事