​1to1スパニッシュブログ

Daniel(ダニエル)先生のご紹介


本日はDaniel先生をご紹介したいと思います。

Daniel先生はスペイン南部セビージャ生まれ。現在もセビージャにに住んでいます。 もともと読書が好きだったため、その趣味が講じて、大学ではスペイン文学を専攻されています。 好きなスペイン文学を広めたいという一心で、スペイン語教授法のマスターを取得されました。

Daniel先生は多趣味で、映画鑑賞・読書からTVゲームまで、とても知識が豊富で話題がつきません。

アルゼンチン出身の小説家、ボルヘスの「砂の本」を一緒に読みながら、その解釈を議論し合う。ときにはネイティブと意見が分かれることもあるが、それもまた楽しい。お互いの文化の違いを感じることができるから。

と、ちょっと意識高い系っぽく書いてみましたが、そんなレッスンなんか、かっこよくて憧れますよねー。僕にはまだ夢のまた夢のような感じなのですが。でもDaniel先生とだったら、日本文学とスペイン文学の共通点や相違点といった、文学や言語学、翻訳といった専門分野のレッスンも期待できます。もちろん、それ以外の日常会話等のレッスンもとても上手ですのでご安心ください。

Daniel先生はいつも冷静沈着。僕はレッスンのときに、何度も(同じところを)間違えたり、聞き返してしまうので、「先生怒ってるかもしらん」と思ってしまうのですが、いつも顔色一つ変えずに、根気強く対応してくれます。僕も安心して間違うことができます。(違うか)

1to1 Spanishでは、このような個性豊かで優秀な先生方と、完全マンツーマンでレッスンがうけられます。まずはトライアルレッスンから。是非お申込みください。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square