​1to1スパニッシュブログ

有名人のスペイン語-ハビエル・バルデム編

August 4, 2017

 

ハビエル・バルデムをご存知ですか?カナリア諸島出身のスペイン人俳優で、ハリウッド映画で活躍しています。同じくハリウッドのスペイン人スター女優ペネロペ・クルスの旦那さんでもあります。こうして世界で活躍するスペイン人がいることは、我々スペイン語学習者にとっては嬉しいことですよね。

 

演技派俳優として評価の高いハビエル・バルデムですが、2007年公開の映画「ノーカントリー」で冷酷無比な殺人鬼役を演じ、スペイン人として初めてアカデミー賞助演男優賞を受賞し、その地位を不動のものとしました。

 

アカデミー賞授賞式の壇上でのスピーチで、冒頭に監督や出演者への感謝の辞を述べたあと、ハビエル・バルデムはスペイン語に切り替えます。そのスペイン語部分のスピーチ全文をご紹介いたします。

 

【原文】

And I want to dedicate this to my mother, and I have to say this in Spanish, I'm sorry:(ここからスペイン語) Mama, esto es para ti. Esto es para tus abuelos, para tus padres Rafael y Matilde. Esto es para los comicos de España que han traido, como tu, la dignidad y el orgullo a nuestro oficio. Esto es para España, y esto es para todos vosotros. Thank you very much!

 

【和訳】

そしてこの賞を母に捧げたいと思います。すみません、これはスペイン語で言わせてください。(ここからスペイン語スピーチ)ママ、この賞はあなたのためのものだ。この賞は、あなたの祖父母、そしてあなたの両親のラファエルとマチルダのものなんだ。わたしたちの職業に尊厳と誇りを運んでくれたママのような、すべてのスペインの役者のものだよ(ハビエルの母は、有名なスペインの女優ピラル・バルデム)。この賞はスペインの、そしてあなたたちのための賞だから。どうもありがとう!

 

いかがですか?授賞式のスピーチですが、意外と基本的な文法と単語で構成されていることがお分かりになったのではないでしょうか?こうした活きたスペイン語を題材にして、1to1スパニッシュでレッスンをしてみても面白いと思いますよ♪

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

1to1スパニッシュのレッスンでできること

July 31, 2017

1/3
Please reload

最新記事