​1to1スパニッシュブログ

旅行で役立つスペイン語(カナリア諸島 テネリフェ篇)

July 15, 2017

 

古くは交易の拠点として、今は美しい星空とリゾートで有名なカナリア諸島へ行ってまいりました。

 

今回訪問したのは、カナリア諸島の中でも最も栄えており、リゾートの中心でもあるテネリフェ(tenerife)島。富士山と同じくらいの高さのテイデ山(el teide)やTrip Advisorで世界NO.1に輝いたこともあるウォーターパーク、Siam Parkなど、家族連れはもちろんカップルにもおすすめの観光地です。

 

カナリア諸島はヨーロッパの方にとって、日本人にとってのハワイのような位置づけで、イギリスやドイツからの観光客も多く、空港やテーマパークでは英語も多少は通じるのですが、やはり地元のバルや街中だと、英語で話しても「???」という顔をされることがしばしばあります。(私の英語の質の問題かもしれませんが。。。)

 

それでは、今回の旅行中、特にローカルのウエイター/ウエイトレス(camarero/camarera)が多いバルやレストランで、実際に役立ったスペイン語 TOP3をご紹介したいと思います。

 

No.3 Dónde está el baño?

日本語に訳すと、「トイレはどこですか?」です。今回、子連れで訪問しましたので、突然子供たちが言い出す「パパ、トイレ―!」に先んじて対応すべく、バルやレストランで多用しました。

 

No.2 La cuenta, por favor

日本語に訳すと、「お会計お願いします」です。同じく「カード使えますか?」に当たる、「Puedo pagar con tarjeta?」も覚えておいて損はないです。

 

No.1 Qúe comida tu recomendas

日本語に訳すと、「おすすめ料理は何ですか?」ですね。シーフードで有名なカナリア諸島。今回の旅行ではほぼ毎回ローカルなバルで食事しましたが、シーフードは新鮮さが命。ウエイターさんに聞くと、その日の鮮度によっておすすめを教えてくれます。あるときはイカ(sepia)をニンニクとオリーブオイルで炒めた、「sepia a la plancha」だったり、エビ(gambas)のアヒージョ「gambas al ajillo」だったり。せっかく旅行に行くんだから、おいしいもの食べないと損ですよね。

 

1to1スパニッシュ では、このような、旅行者が地元のバルに行くときに役に立つ表現やフレーズを中心に、旅行者向けの教材を使って、先生と一緒に練習することができます。オンリーワンで、思い出に残る旅行にするために、旅行前・旅行中にレッスンを受けてみませんか?

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

1to1スパニッシュのレッスンでできること

July 31, 2017

1/3
Please reload

最新記事